岡崎市の土地家屋調査士・行政書士事務所です。境界確定測量、土地分筆登記・建物登記、開発許可、分譲開発設計、農地転用等許認可申請のことならお任せ下さい。

土地建物の登記・測量・調査、各種許可申請業務

児玉測量設計株式会社
土地家屋調査士法人児玉測量設計

愛知県岡崎市城南町三丁目9番地2 キミオカビル1階・2階

<主な対応地域>
岡崎市・豊田市・安城市・西尾市・額田郡幸田町を中心とした愛知県全域
 

ご相談随時受付中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0564-72-8270

建物新築、滅失登記の価格事例

ここでは、建物登記の価格事例をご紹介させていただきます。

建物新築登記の価格事例

新築後すぐに登記する場合で建築確認申請等書類が揃っている場合
8.0万から8.7万です。

このケースが一番多いかと思います。

新築後すぐに登記をするため、書類・図面も揃っている場合がほとんどであるため、登記もスムーズに申請できる場合がほとんどです。

建築後20年以上経過している建物を登記する場合
8.5万円から9.5万円です

融資を受けずに建築をしたため登記を行わなかったが、新たに銀行さんから融資を受けるために担保に入れる場合に登記を行うケースです。

 このケースでは、20年以上前の書類が残っていれば登記申請はスムーズにいきますが、相続が発生していたり書類を紛失している場合があり、少し割高になる傾向があります。

建物を新築し登記をした後、倉庫・物置等新築した場合
5.0万円から6.5万円です。

住宅を新築し登記をした後、約40㎡の物置を新築し住宅の附属建物として登記する場合などです。

 この場合は、附属建物新築として「建物表示変更登記」を申請します。住宅の新築と異なり調査も簡易であることが多く割安になる傾向があります。

30年前に建築した未登記の建物に結合して建物を新築した場合
14.0万円から17.0万円です。

このケースでは、調査が建物2棟分になるため割高となります。古い建物のため資料調査等で余分に費用が発生する傾向があります。

建物滅失登記の価格事例

最多価格帯:4.0万円から5.0万円

一般住宅を解体する一番多い事例です。

解体した建物所有者から申請する一番多い事例です。

取壊した建物の所有者が亡くなっている場合:4.5万円から5.5万円

上記事例と異なり、建物登記簿の所有者が死亡しているケースです。この場合は相続人から申請することになります。

戸籍謄本や住民票の除票を取り寄せ、相続関係を調査して建物滅失登記を申請するため、割高になります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0564-72-8270

受付時間:9:00~17:30(土日祝日を除く)

Email:info@kodama-survey.com